<装丁デザイン・DTP>遍照 いんげんさんの仏暮らし

遍照いんげんさんの仏暮らし

『遍照 いんげんさんの仏暮らし』
(櫻井密嚴著、MOKU出版刊、四六判上製)です。

 

装丁デザインとDTP、それからイラスト(一部)も担当しました。

 

遍照いんげんさんの仏暮らしカバー&オビ

カバーの梅のイラストは、大学時代の先輩・加古雅彦さんにお願いしました。
加古さんの絵はどれも大好きです。

じつはこの梅、原画をプレゼントしていただいたので、
今も仕事机の横に飾ってあります。

 

遍照いんげんさんの仏暮らしカバー裏

カバー裏の寺の絵は、私が描きました。

 

遍照いんげんさんの仏暮らしカバー

93歳の住職さんが書かれた寺と仏と世の中にまつわるエッセイです。

「遍照」という言葉は「あまねくてらす」という意味があるので、
「世の中のすべてをあまねくてらす穏やかな光」をイメージして
薄い緑に。

光に反射してさまざまに輝くカバー用紙に配置すると、見る方向によって
はっきり見えたり、おぼろげに見えたりします。
仏さまの光明って、そういうものかな〜なんて想像します。

「ちょっと色が薄いよ!」とおっしゃる方もいますが、
この仕上がりがちょうどイメージどおりでした。

このカバー用紙はOKミューズパールです。
個性が強いので、書籍にはなかなか使えない紙ではないかと……。

仏教書の装丁デザインが続いていた頃だったので、勇気がありました(笑)

 

遍照いんげんさんの仏暮らしソデ

ソデとオビと見返しの色合わせも、仏教をイメージさせるよう意識しています。

でも暗くなりすぎず、なるべく華やかに!

 

遍照いんげんさんの仏暮らし表紙

【表紙】

特色1色で、シンプルにイラストを配置しています。

 

遍照いんげんさんの仏暮らし本扉

【本扉】

用紙は、金と銀のチップのようなものが散りばめられている「こざと白雪」です。

こちらも予算がないとなかなか使えませんが、仏教の本にはぴったりですね。

 

遍照いんげんさんの仏暮らしイラスト

本文内のイラストは私が描いています。

 

遍照いんげんさんの仏暮らし目次

もくじ

遍照いんげんさんの仏暮らし章扉

【章扉】

「春夏秋冬」の文字は、作字しています。

 

遍照いんげんさんの仏暮らし本文

遍照いんげんさんの仏暮らし束とはなぎれ

はなぎれはオレンジ色。しおりはグレーです。

 

amazonで見てみる>>>

 

◀︎前へ          次へ▶︎