<装丁デザイン・校正・組版>7つの「看護の知」

7つの「看護の知」

7人の看護師さんの体験談からすくいあげられた
7つの「看護の知」

(山中恵利子著、晃洋書房刊、1,400円+税、132ぺージ、四六判並製)です。

自らも看護師経験が豊富で、現在は短期大学教授を
務めていらっしゃる山中恵利子先生が、
7人のベテラン看護師さんにインタビューし、分析することで
他の看護師さんたちの実践に役立つような
「看護の知」をすくいあげる試みをされた内容になっています。

金木犀舎で装丁デザインと校正、組版を担当しました。

【カバー】

7つの「看護の知」カバー表

7つの「看護の知」カバー裏

7つの「看護の知」カバー

本の内容を聞いた際に、「看護の知の集積」ということで
ペンで細かく描かれた知的な羽をイメージしたので
今回は自分で描きました。
落ち着いたブルーグリーンの色味も、知的な雰囲気です。
束幅が小さく持ち運びやすい本に仕上がっています。
用紙はマットPPでしっとりした手触りです。

帯文は本の内容が直感的にわかるものを…と考えました。
「成功も、失敗も、みんなで共有しよう。」

帯裏は本の構成を図で表しています。
「看護体験談の紹介と分析」→「すくいあげられた『看護の知』」

・痛みを訴える患者さんの事例
・とっつきにくい患者さんの事例
・患者さんから叱責を受けた事例
・救急時の患者さんの事例
・終末期における看護の事例①②③

いろいろな事例ごとに、実際に役立つ構成になっています。 

【表紙】

7つの「看護の知」表紙

画像の色調が実際のものとはだいぶ違うのですが、
表紙もトーン低めのブルーグリーンです。
こうやって開くと羽が対称になるように配置しています。

まぁ、私以外は誰もこうやって開かないでしょうけど…

【本扉】

7つの「看護の知」本扉

扉もブルー系に。用紙はモフル ソルベです。
優しく暖かみのあるテクスチャーが「看護」のイメージでした。

見返しはタントで、清潔感のあるオフホワイトにしました。

【目次】

7つの「看護の知」目次

【部扉】

7つの「看護の知」部扉

【章タイトルページ】

7つの「看護の知」章扉

研究論文をまとめたものではありますが、
看護師さんたちが忙しい仕事の合間にも読んでもらえるよう、
親しみを感じられるような本文レイアウトを心がけました。

Amazonで見てみる>>>

◀前へ           次へ▶